2017/12/15

酸菜白肉鍋会

もはやお馴染みながら、今回も衝撃的なクオリティの高さでもてなしてくださった某お宅。
本格的でありつつオリジナリティに溢れ、家だからこその贅沢と遊びもあり。
食材だけでなく、器もまたしかり。
北京食い倒れ旅からお帰りの家主様による酸菜白肉鍋の会。

食前には、北京で入手されたという特別な菊花茶。
今そこで咲いているかのような。

このフライド棗、中まで完全にザックザク。

蕪の甘酢漬けは菊花を模し、菊花と共にいただく。
甘めの味付けが菊花の苦味と合う。
お茶からの美しい流れ。

本日の鍋は羊出汁とのことで、出汁の副産物で出た真っ白な脂で炒めた豆。
こういうさっと炒めるようなものの味が完璧に決まっているのに、毎度驚かされる。
決まりっぷりが素人じゃないの。


清蒸で。
蒸し加減、たれの塩梅もまた完璧。
レンコンいいねえ。

前の食事会の時に話に出たのを取り入れるというサービスもあり。
里芋に甘めの椎茸出汁を煮含めて、米粉で揚げたもの。
なるほど、米粉か!

さあ、メインである鍋のたれの素。
白いのはなんと、カシュナッツペーストソース。
インド料理にも精通しているだけあって、中華では胡麻であるところをオリジナルのアレンジ。
ほんのりした甘さと香りで、口飽きない。

羊は2つの部位を厚切りで。
北京で感銘を受けたのに倣ったそう。
確かに、ペラペラ切りよりも断然肉が活きる。

なにこれ!?
個人宅の火鍋で使う鍋?

炭火だし。
羊出汁に白菜漬けの旨味が溶け込んだところに肉や野菜をしゃぶりしゃぶりとして食す。

手間をかけて用意された白肉が続く。

この焼きそばに震えた。
蒸し麺が鍋の旨味を吸いまくっていて、そこにレモンの爽やかさ。
焼きそばがこんな境地に達するとは、思いもよらなかった。

さらにデザートまで自家製。
家主様曰く、ヘビーなレモンケーキ。
カリッとした中は凝縮。

老茶を金柑ピールに入れたもので〆。

菊から柑橘への黄色いまとまり。
ありがたいと思いながら、これが個人宅であることがもったいないような気もする。

持ち寄りのワインも素晴らしく、写真を撮り忘れたのが残念。
ボーペイサージュのシャルドネは梅酒を感じさせ、料理とよく合っていた。

2017/12/13

トレ ガッティ

友達におかれましては最近通い始めたトレ ガッティ。
行きたいなあと思っていたら、鰻祭りでお願いしたという日にお誘いくださいました。

この時期の鰻は脂がのって美味しいのだそう。
イタリア料理でいただくと、ブリンとした弾むような肉質が際立つ。
まずは揚げた鰻のマリネを泡と。

ここはエミリア・ロマーニャの料理をメインとしているそうで、続いて出されたのが彼の地のデブ飯。
温かいティジェッラにハーブ入りラルドとパルミジャーノを挟んで、トロリとしたところを食べる。
またコイツに会えるとは。
炭水化物と脂と塩。そりゃ旨い。

ワインのオススメもピタリとハマった。

こちらも中は鰻。

レモンをごっそり絞りかけて食べる。


鰻祭りとはいえ、そこまで鰻が入らなかったそうで、パスタはダッテリーニトマトソース。


あとは追加で。

コテキーノ&レンズ豆だなんて、鰻共々イタリアの年末の味だよね。

イタリア料理に求める直球の「旨いだろ!」って料理を気を使わずにいただける好みの店。
通常メニューも食べたいから、また来よう。

2017/12/11

丸千葉

かなり久しぶりの丸千葉。
相変わらずの感じの良さ。
大衆酒場慣れしていなくても寛げるから、土日は予約必須。

しめ鯖含め、刺身を色々と頼んだけど、この日は鰯が良かった。

揚げ物も一通りいったけど、やっぱり鰯 is number one。

鍋はあんこうと鶏。

海と山の出汁をやっちゃんがいい具合に雑炊に仕立ててくれる。

からの焼きそば&チャーハン、そしてカツ丼。

いささか炭水化物が過ぎました。

2017/12/08

サンバレーホテル 丸ごと海老のチェティナードカレー

最初に出てきた丸ごと海老のチェティナードカレーを一口食べた時の衝撃。
これがチェティナードというものかと。
豪勢なスパイス使いで人気のあるチェティナード料理は、インド旅行中になんどか口にした。
とはいえ、チェティナードの料理の特徴を理解するまでには至らず。
ちょうど、シナモンなどのスパイスをたっぷりと使うという記述を読んだ後にこのカレーを食べ、舌で納得した次第。

チキンカレーとマトンカレーも、この日は強い香りのスパイスがガツっと主張していて、寒い季節とよく合っていた。
かたやベジクルマはクリーミーでまろやかという緩急。

インドカレーは家で度々作るのだけど、どのスパイスをどれくらい入れるとどうなるのかというのが、体感として理解できていない。
サンバレーホテルのカレーは、ゴールが見えていて、そこに向かって意図的に組み立てているように感じられて、なるほどと思わせられる。
同じ店のチキンカレーといえども、色々な引き出しがあって飽きない。
インド旅行の際、その多用性に魅せられたのを思い出す。

ロティのほのかな甘みや、レモンスカッシュの弾けるようなフレッシュさなど、メニューにあるもの全てに神経が張り巡らされていて、惰性がない。
記帳式という予約制度の煩わしさなどがあれど、定期的に行ってしまう店なのだ。





ペシャワーリロティは必食。
クルフィとの組み合わせで。



2017/12/07

愛農ポークのしゃぶしゃぶを囲む会

南から北から、朋有り遠方より来る。
しかも美味しいものたちを携えてという素晴らしき晩。

しゃぶしゃぶや鍋の時、東西の色んな調味料や薬味を並べて、度毎にタレの組み合わせで遊ぶ。
この間の鍋の時にナムチムが活躍したので、今回もメンツに加えたところ、すりごまとの相性を発見し盛り上がる。
出来上がった美味しいものを共有するのも良いが、一緒に新しい味を発見する面白さというのもまたある。

出汁が出まくった残り汁を、貰い物の節麺に吸わせた雑炊的なもの。
美味しいに決まってる。

マラガの干し葡萄があったり、

無農薬自然栽培のフルーツやスペインのとろける脂の生ハムがあったり。

七賢から直接でないと買えないという嵇康の上品さ。

場を持つという愉しみを、遅まきながら満喫している。

2017/12/06

ピッツェリア恭子 ズッパ・ディ・マーレ

最近、リクエストされることが多いピッツェリア恭子。
本格的に会員制になる前に行っておきたいという気持ちはわかる。
こういう本当にいい店は、初めてでも、自分次第でいくらでも愉しくなる。
何度も行っている人とでないと…とか考えず、積極的に味わい尽くそうとして行って欲しい。

この日は4人で。
ピッツァはもちろん、シチリアの陶器に盛られたクラテッロ他サラーメたちや、ピッツァ生地で蓋をして蒸し焼きされたズッパ・ディ・マーレ、ハーブでソースを塗られつつ炭火焼きされた羊など、ますます盛り上がる料理たち。
ワインに精通した方々とご一緒だったので、そちらも充実。
食後酒&デザートまで、疾走感あふれる晩でありました。