2018/04/30

饕林餐庁 : 成都3日目

成都最後の晩餐。
翌日は早朝の便で帰路に就くので、街での食事はこれが最後になる。
大衆点評で評価の高かったローカル食堂、饕林餐庁。
さすが満席で、しばし外で待つ。

中国語のわからない我々に、お姉さんが身振り手振りでヒマワリの種を食べて待っていてねと。
食べ放題だからいくらでも食べてねと。

焼き茄子を青唐辛子のディップで食べる。
青唐辛子は漬物になっているのか、熟成された旨味があって、そんなに辛くない。

巨大な器でやってきた水煮魚。
ここのメイン料理はとにかく巨大で、大人数でないと食べきれない量。
他の少人数の客たちも、残りを持ち帰りにしていた。

辛いけど、舌が痺れるほどじゃない。
それに、各種漬物を上手く合わせている。
四川で食べた四川料理は、どれも辛さにやられるほどではなかった。
各種唐辛子の香りを引き出していて、辛さよりも香ばしさを感じる。
むしろ、東京で食べる四川料理のほうが暴力的に辛い。

回鍋肉って、四川料理だったのか。
ということで頼んだ。
日本で食べる回鍋肉はなぜか甘い味噌味な気がするのだが、こちらはキリっとシャープ。
これなら度々食べたいと思うよ。

白米に合わせて、ワシワシとかっ込むように食べる。

鶏とピーナツの炒め。
中華料理のこういう切り揃えっぷりが好きだ。
口に入れた時に違和感がないし、それぞれの歯ごたえの違いをより楽しめる。

こちらの夕食時間は早くて、21:00くらいにはLOとなってしまう。
我々が出る時には、1つの円卓で賄いの宴が始まっていた。

やっぱり大衆点評はあてになるね。
というか、やっとどういう評価が自分たちの好みと合うのかがわかって、成都の大きさにも慣れてきて動けるようになったところで終了というのが残念。
あと一日あったら、もっと満喫した気分になれただろうに。

さて、上海・成都旅行はここまで。
まとめはこちら

楽山大仏 : 成都3日目

とりあえず観光もしておく。
楽山大仏を川から見る遊覧船。
水墨画のような靄ですな。

ふむ。

大行列に並んで大仏の横を上り下りする気力はないわあ。
我々の観光に対する興味はそんなもん。

帰りの新幹線までまだ時間がある。
楽山は都会だけれど大きすぎず、歩いていても楽しい。
とりあえず駅に向かって歩きながら、どこかでさっぱりした甘いものでも食べたいねということになる。
大衆食堂ストリートのような道を曲がったところにある串妹花式冰粉という店が大衆点評に載っていた。

スマートフォンの画像を見せてオーダーすると、屋台で作ってくれ、奥の食堂で座って食べる。

三鮮冰粉という甘もの。
愛玉子を炭酸で作ったような、ほんのりシュワッとするゼリーに小さな白玉と甘酒がトッピングされている。
甘酒がコクを加えていて、美味しい。

新幹線で大都会成都に戻ってきた。

夕飯前に少し何か食べておきたい。

大衆点評での評価はイマイチだけど、場所が便利だしと龍抄手へ。

カウンターでオーダーして、席に座って待つ。

これは、まあ食べなくてもいい感じだね。

何でも美味しいわけではないのだ。

この時点で夕飯の店は決めておらず、さて、どうするか。
ファインダイニング方向で気に入る店を見つけるのは難しそうだ。
楽山の店たちへの高い満足や、この店への不満足を考えると、大衆点評の評価は信用できそうだ。
ローカルな店で、場所的にも面倒ではなく、大衆点評の評価が高い店に突撃で行ってみよう。

2018/03/14

楽山のマーケット : 成都3日目

食事を終えていい気分で店を出たら、角を曲がったところで市が立っているじゃないか!

こういう地元の人たちの食生活を支えているような市を、四川でも見たかったのだ。

胡麻を機械ですっている屋台。

きっと成都でもこういう露天市は開催されているのだろう。
でも、街が巨大すぎて見つけられない。
そもそも、歩いて巡るというのが難儀する大きさなのだ。




不衛生さを感じないし、売られている肉も野菜もピチピチと活きが良い。

品揃えと感じが良かったスパイス屋台で青と赤の花椒と、四川の漬物、芽菜を買う。

中国語で言われた値段がわからないでいたら、他のお客さんが紙に書いてくれた。

いいなあ。麺も買ってみたいなあ。

食べ物。


白酒かな。

2018/02/21

易老八跷脚牛肉 : 成都3日目

四川に来て、最初に「これだよ!求めてたのは!」と思ったのが、楽山の跷脚牛肉の店。
この料理を出す店はたくさんある中、大衆点評で評価が高く、場所が便利なところを選んだ。

開店したばかりで、まだ他の客はいない。

牛のいろんな部位がスパイスと一緒に煮込まれている大鍋。





これも頼もう。

英語は通じず中国語のみ。
指さしと画像、身振り手振りでオーダー。


その場で内臓を捌いているし、清潔感もあるし、美味しいに違いない。

来た来た、これが跷脚牛肉。
牛のあらゆる部位が八角などのスパイスと一緒に煮込まれている。
底にはセロリと白菜。

塩と唐辛子をつけながら食べる。

美味しい!
クリーンで旨味が濃くて、漬物的な奥行きもある。
唐辛子も薫り高いし、これはハマる。

温かい豆腐も、大豆ががっつりと主張してる。

小腸?に粗目の米粉を塗して蒸したもの。
これもいいわあ。
甘みと唐辛子の香り。
クセや臭みは感じない。
鍋の後でも箸が止まらない。


楽山は程よい大きさで巡りやすく、居心地がいい。
成都は巨大で、歩いて街を楽しむには時間が必要だけど、楽山は熊本くらいの程よい都会さ。

跷脚牛肉を出す店で、「八」の部分が別の数字の店がたくさんあるので、ここに限らず、大衆点評で評価の高い店で、自分の観光予定に都合が良い店を選べばよいと思われる。